HOME

BIOGRAPHY

100%FREE

Tack(タク) on Vo
Ko-KI(コウキ) on MC
SIG(シゲ) on Guitar
KAZ(カズ) on Drum

2003年7月に名古屋で結成。
数々のメンバーチェンジを乗り越え現在のTack(Vo)、Ko-KI(MC)、SIG(Gt)、 KAZ(Dr)の4人編成となる。

2008 年に満を持してリリースされたデビュー・ミニアルバム「Hundred Percent Free」が名古屋地区のタワーレコードで1 位を獲得、 その後アルバムの中から配信されたシングル「DIAMOND FIREBALL」もiTunesロックチャートで1位を記録し大きな話題となった。

2009年には2ndミニアルバム「REBOOT」をリリース、32か所に及ぶ全国ツアーの敢行、2010年1月にシングル「Hello Mr. my yesterday」でメジャーデビューを果たす。この曲は新人としては異例の『名探偵コナン』のエンディングテーマに抜擢、You Tubeでの50万View超えや着うたフルの10万DLをはじめ配信も伸び続けた。さらに発売週の名古屋エリアチャートでは初登場5位を記録、続く5月に2ndシングル「迷子 to MYSELF」、9月にはプロモーションビデオに“パパイヤ鈴木”が出演し話題となった3rdシングル「ROCK CLIMBER」をリリース、10月にはメジャーデビュー後初のワンマンツアー「BACK TO BACK 2010 ~ ROCK CLIMBER ~」を東京・名古屋・大阪で敢行した。そして2011年1月再び『名探偵コナン』のエンディングテーマに抜擢されシングル「十五夜クライシス~君に逢いたい~」を発表、3月にはバンド名に因んだ100種類のカラーのジャケットでも話題となった、待望のフルアルバム「JET!JET!!JET!!!」をリリースした。

その後もライブを中心に精力的に活動を続け、2012年12月、バンドの原点となる名古屋ライブハウス“MUSIC FARM”を初日に、ツアー「366 僕らのLIVE!!!! Tour 2012-2013」をスタートさせ、同時にライブ会場限定となるシングル「366 僕らのDAYS」を発表した。同曲はデビュー以来 一貫して“応援歌”を歌い続けてきた彼等ならではの作品に仕上がっている。ツアーファイナルとなった2013年3月29日名古屋ell.FITS ALLでのワンマンライブは大盛況のうちに終了した。

そして最後の作品となる「百年物語~The Complete Best」は、彼等にとって初となるベストアルバムで、インディーズ時代の作品からメジャー作品さらに新曲までを網羅、“解散”そして“結成10周年”という節目に発表されることとなった。アルバムのラストは、ボーカルTackの強い希望で、100%FREE流の応援歌「100通りのYELL」で締めくくられている。