★ナイトアイボーテ公式サイト★


使っていくうちにいつの間にか二重まぶたへと癖付けしてくれるナイトアイボーテ。

アイプチを使うよりも手軽で、しかも綺麗な二重まぶたになると口コミでも大人気ですよね。

アイプチはまぶたがかぶれたり腫れたりして、トラブルが多かったので使いたくなかったという人も少なくないはず。

 

でも、ナイトアイボーテはかぶれたり腫れたりする心配はないのでしょうか。

これまでアイプチでかぶれたことがある人が使っても大丈夫なのか気になりますよね。

 

もともと肌が弱い自覚のある人は特に、使うのをためらってしまうかもしれません。

確かにナイトアイボーテでかゆみを感じたという報告もあるようなので、今回は、ナイトアイボーテは本当に安全なのか、健康被害や副作用は起きないのかについて調べてみました。

 

肌に優しいと評判ですが、本当かどうか一緒にチェックしていきましょう。

 

危険?ナイトアイボーテ成分は安全?

ナイトアイボーテのお陰で本物の二重まぶたになった!と喜びの口コミがたくさんありますが、気になるのは「そこまで効果があるということは、成分も強いのではないか」ということですよね。

どんな成分が入っているのか確認したい人も多いと思いますので、まずは全成分wご覧ください。

 

【全成分】:エタノール、水(メタクリロイルオキシエチルカルボキシベタイン/メタクリル酸アルキル)、コポリマー、BG、DPG、グリセリン、ボタンエキス、アルテア根エキス、フユボダイジュ花エキス、アルニカ花エキス、サクラ葉エキス、メチルパラベン

 

ナイトアイボーテ全成分を解説!

成分表を見て、どのような成分が配合されているのかチェックしていただきましたが、どの成分がどういう働きをしているのか、わかりにくいかもしれません。なので、配合されているこれらの成分について説明していきますね。

 

ボタンエキス

ボタンの根皮から抽出したエキスです。

もともとは漢方の成分で、これまでもさまざまな化粧品に使用されてきました。

紫外線から肌を守る効果があります。

 

また、肌荒れ対策、アンチエイジングにも効果ありです。

最近育毛剤にも使用されていますが、頭皮環境をよくするという効果もあるようです。

 

フユボダイジュ

シナノキ(ボダイジュ)の花から抽出されるエキスです。

もともとこの花を乾燥させたハーブは「リンデンフラワーティー」に使用されています。

リラックス効果で心を落ち着けてくれ、不眠症や風邪の初期症状・神経疲労を緩和してくれるというハーブティーです。

 

そして、このシナノキの鼻から抽出されたエキスですが、鎮静・消炎・抗菌・収れん作用、また保湿効果も高いものですので、これまでも化粧品や育毛剤に使用されてきました。副作用はないと言われており、安全性が高いものになります。

 

アルニカ花エキス

消炎・鎮静・保湿・血行促進作用があるといわれている、キク科植物のアルニカの花から抽出したエキスです。

炎症を抑える効果、刺激を緩和する作用があるので、敏感肌用の化粧品によく使用されていますし、ニキビケア化粧品にも配合されています。

ボディークリームに配合されていることもあります。

 

シャンプー、リンス、育毛剤などのヘアケア商品にもよく使用されているのは脱毛予防効果があるからです。

まさに全身に使用される成分であり、肌への刺激が少ないこと、毒性の心配がないことから多用されています。

 

アルテア根エキス

アルテアの根から採ったエキスです。

うがい薬にも配合されているのは、粘膜を保護する働きを持っているからです。

毒性などなく、安全性が高い成分なのですね。

 

他にも保湿効果が優れており、また、刺激を緩和する、皮膚を柔軟にする、消炎、収れん作用などの効果もあります。

 

サクラ葉エキス

桜の葉から抽出したエキスで、毒性や刺激がほとんどないことから、安全性が高い成分だと言われています。

抗アレルギー作用もあり、かゆみや炎症を抑えてくれます。解毒作用もあり、じんましんやはれものなどに効果的です。

 

また、保湿・美白作用もあります。

多くの化粧品に使われています。

 

エタノール

いわゆるアルコールです。病院での消毒にも使用しますよね。

化粧品に配合する目的は、抗菌・清涼・防腐効果、また、肌や毛穴を引き締める収れん効果を得るためです。

 

数多くの化粧品に使用されているエタノールですが、刺激が強いという欠点があります。

よって、公式サイトによれば、ナイトアイボーテに使用しているエタノールは必要最低限のものです。

 

もともと化粧品に使用するエタノールなので、毒性や刺激は低いということですが、敏感肌の人は注意しておいた方がよい成分です。

 

(メタクリロイルオキシエチルカルボキシベタイン/メタクリル酸アルキル)コポリマー

化粧品の他、シャンプー・リンス、ワックス、医薬品などに配合されています。

コポリマーという名前でひとくくりにされていますが、実は数多くの種類があります。

 

そうなると、安全性や効果についてはさまざまなので、一言での説明は難しいですね。

使用目的としては、界面活性剤、被膜形成剤、乳化剤、増粘剤、結合剤などさまざまです。

 

BG

アルコールの一種ですが、刺激は少なく、毒性が低いものとなります。

抗菌作用、および保湿力があります。この成分のお陰で化粧品などの防腐剤を減らせるというメリットがあります。

 

DPG

配合割合が1.0パーセントまでと厳しく決められているので、この配合量であれば毒性はとても低いです。

化粧品の伸び・すべりをよくする効果があり、保湿力も高いので、多くの化粧品に使用されています。

 

グリセリン

アルコールの一種であり、ほとんどの化粧品に配合されていると言っても過言ではないでしょう。

保湿作用に優れています。

 

また、水と混ざるとじんわりと発熱するという性質を利用して、ホットクレンジングのような温感化粧品に使用されているんですね。

化粧品以外にも、医薬品、また食品にも使用されています。

 

食品に使用される場合は、食品添加物としての使用となり、甘味料・保存料・保湿剤・増粘安定剤としての働きを期待されています。

食品に使われているということは本当に毒性が低いということになりますね。

 

メチルパラベン

非常にメジャーな存在である防腐剤です。

化粧品や食品に使用されてきた歴史は長いです。防腐剤は数多くあれど、その中では安全性が高いとされています。

 

健康被害・副作用は大丈夫?代表的な症状と原因

ナイトアイボーテは肌に優しいと言われてはいますが、どうしても肌に合わないという人も中に入るようです。

どういう症状が出たのかまとめてみました。

 

少しでも当てはまるという人がいれば、残念ですが、使用を中断した方が無難ですね。

 

敏感肌やアトピー体質な人は痒みがでることがある

もともと敏感肌であったり、アレルギー・アトピー体質であったりする人は、皮膚の耐性が低下しているといえます。

他の人にとっては大したことのない刺激でも、かゆみなどにすぐつながってしまうんですよね。どうしてかゆみが出るのか、その原因を探りました。

 

  • ナイトアイボーテに含まれている成分の中に、もともとアレルギーのある成分があった
  • ナイトアイボーテに配合されているエタノールのせいで、肌に刺激を感じた
  • まぶたが引っ張られることによって刺激となる

 

ナイトアイボーテには植物由来の消炎作用のある成分や、肌荒れを防ぐ成分も同時に配合されているのですが、それでも合わない人はどうしても存在します。もともと敏感肌であったりアトピー体質であったりする方はもちろんのこと、肌荒れが気になる方は使用前にパッチテストを行うことをお勧めします。

 

少しでもかゆみを感じたら使用しないでおくか、もしくは医師に相談するようにしましょう。

 

まぶたが荒れることがある

まぶたが荒れるという場合は、「赤くなる」「腫れる」「ただれる」という症状が代表的なものです。

ナイトアイボーテを長時間使用してしまったり、落とす時に強くこすってしまうとまぶたが荒れてしまうようです。

 

もし荒れてしまったのであれば、一度に塗る量や範囲を減らしてみましょう。

使用時間も決められている時間をきちんと守りましょうね。落とす時にはお湯で充分ふやかしておくことが必要となります。

 

ヒリヒリして痛い

意外に挙がってくる声なのですが、ナイトアイボーテを使用しているうちにヒリヒリして痛くなってしまったというものがあります。

原因は2つ考えられます。

 

ナイトアイボーテに使用されているエタノール

エタノールのせいでヒリヒリするというのは事実です。

エタノールには殺菌作用があり、液を固まらせず、保存性も上がるというメリットがあります。

 

ただ、その殺菌作用のせいでヒリヒリしてしまうのです。菌を死滅させるときに、水分と熱を奪うので、使用した部分にはどうしてもヒリヒリとした感覚が付きまといます。なのでまぶたがヒリヒリするのですね。

 

その作用を逆に利用して、揮発性のあるエタノールは消毒薬として使われているんですね。

 

使用範囲が広い

これはやりがちなことかもしれませんが、しっかりくっきりした二重に憧れて、まぶたの広範囲に塗ってしまうとヒリヒリが生じやすくなります。

二重のライン以外の広い場所に使用することで、余分に塗られた液が乾き、皮膚が引っ張られてヒリヒリしてしまうのですね。

 

このようなヒリヒリして痛みを感じるという場合ですと、使用方法が誤っていること、エタノールに反応してしまっていることと原因がはっきりしていますが、赤みを伴っていたり、かぶれていたりという場合は、肌に合わない可能性が非常に高いです。

 

そういう症状が出てしまった時には無理に使い続けることのないようにしましょう。

 

この感覚は副作用?効能?

ナイトアイボーテを使っていると、まぶたが熱くなったり、突っ張ったりということを感じる人も多いようです。

この使用感は効能なのでしょうか。それとも副作用なのでしょうか。

 

さすがにこのような刺激を感じたら気になりますよね。

考えられる要因を挙げてみました。

 

血行が良くなってまぶたが熱い

ナイトアイボーテには血行促進効果のあるボタンエキスやアルニカ葉エキスが配合されています。

どちらも植物由来なのですが、どうもこの成分の働きでまぶたが熱く感じるという人が多いようです。

 

また、エタノールの揮発成分も熱さを感じさせる原因となっています。

これらは副作用というよりは、血行促進と殺菌の効能だと言えるでしょう。

 

まぶたが突っ張って痛い

この場合は塗り方が間違っていることが考えられます。

つい二重の幅が広くなるようにと液をたくさん塗ってしまいがちですが、そうするとまぶたが突っ張って、それが痛みとなってしまいます。

どこにナイトアイボーテを塗るのかをきちんと考えて、その二重にしたいライン上にだけ塗るようにしましょう。

 

液をたくさん塗ると突っ張りますので注意してください。そもそも、一重の人は突っ張っている感覚を感じやすい人だと言えるかもしれません。

というのも、一重の人は皮膚にハリがあり、そのせいで二重になるほどの皮膚の余裕がない状態なのです。もともと二重の人というのはまぶたが薄く皮膚が柔らかいので、比較してみると、一重の人の方が突っ張り感を感じやすいのですね。

 

ナイトアイボーテにはその皮膚の違いにも着目し、植物由来のアルテア葉エキスを配合することで皮膚の柔軟性を高める効果に期待しています。

ナイトアイボーテを毎日使っていると、まぶた自体が柔らかくなり、それも二重になりやすくなる要因の一つとなります。

 

ナイトアイボーテと市販アイプチとの違いは?

アイプチでまぶたにトラブルが起きたという話はよく聞きますよね。

たとえば、

 

  • まぶたがかぶれたのかかゆくなった、であったり。
  • 乾燥してしまってまぶたがカサカサになった、であったり。

 

他にも「赤く腫れてしまった」「傷になっているのかしみて痛い」というような声もありました。

こうなってしまうとアイプチもうまく使えなくなってしまいます。

 

そして、無理して使うことで一段と悪化してしまうという悪循環も。

なぜこのようなトラブルが起きるのかというと、アイプチにラテックスという成分が配合されているからなのです。ラテックスという名前はよく耳にするかもしれませんね。

 

天然ゴムのことです。

 

ゴムノキという樹木の樹皮から取れた樹液を原料としていますが、この樹液の中に特殊なたんぱく質が含まれています。

このたんぱく質に対して、免疫が過剰反応してしまうので、アレルギーになってしまっているのですね。アイプチで接着剤代わりの役割をしているラテックスですが、身近な日常品にもたくさん使用されています。

 

ゴム手袋もそうですし、他にも輪ゴム、ばんそうこうなどにも。

ラテックスアレルギーになってしまうと、こういう製品に触れることで、蕁麻疹が出たり、ぜんそくになったり、またアナフィラキシーショックを引き起こすこともあるんですね。それがナイトアイボーテであれば、まずラテックスが入っていないので、こういった心配とは無縁です。

 

また、まぶたを荒らすことのないように、保湿、美容成分が配合されています。アイプチは常にまぶたに糊が引っ付いている状態であり、そうなると刺激が強いのは当たり前ですよね。かぶれや荒れも起きるはずです。

 

刺激を和らげるような美容成分と、皮膚を保湿できるような成分が配合されていないと、そのような荒れが改善されることはないと思われます。

 

まとめ

ナイトアイボーテには植物由来の成分が配合されていますが、その中で危険なものであったり、副作用を起こさせるようなものはないということを確認しました。ただ一つ心配であるとすれば、エタノールの刺激です。

 

敏感肌の方やアトピー体質の方にとっては刺激が強すぎる可能性があります。

ナイトアイボーテにはあくまでも必要最低限の量しか配合されていませんが、それでも刺激を感じた場合は無理に使用し続けることのないようにしましょう。

 

他にも、アレルギーをお持ちの方は事前にどのような成分が配合されているか、確認しておくようにしましょう。

そして、正しい使用方法を守るということも大切です。

 

広範囲に大量に塗り過ぎると、まぶたが引っ張られてヒリヒリ痛く感じることがあります。二重にしたいライン上だけに塗るようにしましょう。

使用する時間を短めたり、クレンジングの際にお湯でしっかりふやかすことも、荒れを防ぐのには大切なことです。なにより、ナイトアイボーテには、荒れを防いだり改善させたりするような美容・保湿成分が配合されています。

 

ヒリヒリ痛みを感じやすい硬いまぶたを柔らかくすることで、痛みを感じにくく、そして二重になりやすいまぶたへと整えてくれます。

ナイトアイボーテは、正しく使用すれば、大きなトラブルにつながるようなことはないといえます。

 

ナイトアイボーテを使って、楽に、そして安全に、ぱっちり二重を手に入れちゃいましょう!



★ナイトアイボーテ公式サイト★


★ナイトアイボーテが無料で貰えるチャンス!★


絶対に知っておきたい美容情報が満載!今すぐお友達登録してみてくださいね^^